2018年7月18日水曜日

枝豆をいただきました♪

旬感!えひめチュレ 7/18(水)番外編

みなさん、こんばんは♪ますはらあきこです。

先日、取材をさせていただいた枝豆生産者の木下さんが、とっても実入りのいい枝豆をFM愛媛にたくさん届けてくださいました(*^^*)

どっさり~!!!!

教えていただいた通りの、くびれがあって色気のある枝豆たちです♪

ぷっくりしてます♪

以前取材のときに見た枝豆よりも、さらにくっきりしたくびれです☆
さっと茹でたり、ガーリックなどを効かせて皮ごと炒めたりしていただきたいと思います(^^)/
中岡・ますはら・ディレクターを始め、FM愛媛のメンバーにも、たくさん幸せのおすそ分けをしましたよ♪
みなさんも、このパッケージをお店で見つけたら、迷わずゲットしてくださいね☆

木下さん、この枝豆の袋詰めも大変で、夜遅くなることもあるとおっしゃっていましたが、これも「JET STREAM(FM愛媛 毎週月ー金24:00~)」を聴きながらしてくださったのでしょうか(笑)!?これからも、作業のお供に、FM愛媛をよろしくお願いいたします(^^♪

感謝して、大事にいただきますね(^^)本当に、ありがとうございました☆

2018年7月17日火曜日

風通しのいい場所で育ったおいしい桃♪

旬感!えひめチュレ 7/17(火)放送

みなさん、こんにちは♪ますはらあきこです。

暑い日が続きますね~!水分補給、塩分補給、していますか?よく言われていますが、喉が渇く前に水分補給することが大事☆ついつい食欲が落ちてしまいがちですが、そんな日は、冷たく冷やしたなんていかがでしょうか(^^)?

ということで、今週は伊予市宮ノ下地区で桃を生産されている、水木潤さんにお話を伺いました☆

将来性のある何かの契約を交わした二人…(笑)

水木さんの圃場は、伊予市でも高台の方にあり、かなり風通しがよい場所!現在は、日川白鳳という品種の桃を作っているそうです(^^♪
水木さんは、桃作りを始めて4年目。桃の木は、3年目なんだそうです☆

赤く色づいた桃がたくさん♪

取材で訪れた日は、出荷を目前に控えたまさにこれからが旬のタイミング(*^^*)
水木さんのお話によると、今年の桃の出来は、花の時期にお天気が良かったこともあり、たくさん実がついたんだとか♪そして、早生の桃は香りがとてもいいんですって☆

うわ~!おいしそう~!

キレイな色と形!食べたい…

そんな桃に熱い視線を送る人物…そう、中岡さんです(笑)
早速、水木さんチョイスのオススメ桃を、試食させていただくことに!

もぎたての桃をそのままで!


中岡「いただきまーーーーーーー」

シャーコッ!!!!!

中岡「うまーーーーーーーーー!!!!」

中岡選手、「旬感!えひめチュレ」史上、「きゅうり」の記録に並ぶ、最高レベルの「シャーコッ!!!」を叩き出しました(笑)!

かなりジューシーなので、かじったところから果汁もじゅわーーーっと溢れます(^^♪

もぎたての桃なので、みなさんの食卓に並ぶ頃のものに比べると固めなのですが、その分フレッシュさが際立ち、風下にいると、桃のあまーい香りがふんわりとただよってきました☆

収穫のときを待つ桃たち☆

収穫のタイミングのお天気も桃の味に影響があるようで、雨が多いと味がぼけるそうなんです(>_<)でも、雨が減ると味も復活!収穫前の桃は敏感なので、水木さんはいつも「雨降るな~、風吹くな~」と空に願っているそうです(*^^*)
もちろん、収穫するときもデリケートなので注意が必要ですよね!神経を使う作業なんだなぁとお話を聞いて思いました♪

さて、気になる、おいしい桃の見分け方をお聞きしたのですが、赤く色づき、おしりの部分が白くなっていたら食べごろ♪そして、おしりの部分にも注目!

これはいい桃♪

写真のように、枝が残っているほうがいいんだそう!


こういうのはダメ!

2枚目の写真のように、枝の抜けているものは、中の種が割れている可能性が高いので、味もおいしくないんだとか…!ぜひ、覚えておいてくださいね(*^^*)

さぁ、今年の夏は、水木さんの桃畑からも、おいしい桃がたっくさん出荷されますので、みなさんぜひぜひ!甘い香りを感じながら召し上がってくださいね☆



※オマケ① 水木さん、シャインマスカットも育てています!

※オマケ② 「シャインマスカット、めっちゃ好きなんやけど!!」

※オマケ③ ちゃっかり、自分のシャインマスカットをゲットした中岡さんなのでした(笑)


2018年7月10日火曜日

旬を逃さないで♪おいしい桃♪

旬感!えひめチュレ 7/10(火)放送

みなさん、こんにちは。中岡りょういちと、ますはらあきこです。
まずはじめに、西日本で起こりました豪雨により、被災されたみなさま、関係者のみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

この「旬感!えひめチュレ」を通して、常に自然と向き合って、農作物を育てていらっしゃる生産者のみなさまにたくさんお会いし、お話を伺っています。
大事な「食」の楽しさ、喜び、おいしさ、加えて、自然の恵み、そして脅威も。

特に被害の大きかった南予地方は、様々な農作物が豊富にできる土地ですし、これまで何度も取材させていただきました。
今回の豪雨の影響で、しばらくすると、野菜などの値段が高騰するかもわかりません。でも、幸い被害のない私たちは、それらを買って、おいしく料理して大事にいただく。これも、身近にできることのひとつなのかもしれません。

私たちは変わらず、旬の食材と生産者の魅力をお伝えしていきます。番組やブログを通して、「今日はこれを食べてみようかな♪」そう思っていただける番組を目指します。
これからも引き続き、よろしくお願いいたします。
________________________________

さて、先週から生産者の玉井さんにお話を伺っています☆

梅ちゃんも、取材に同行してくれました(^^)/

取材当日は、エフ・マルシェの梅ちゃんも取材に同行してくれたのですが、生産者さんたちとのコミュニケーションも、普段から密にとっているんだろうなとわかるくらい仲良しなのが伝わってきました♪

立派な桃の木ですねぇ~!

古い木は植えてから20年ほど経っているそうなのですが、まだまだ現役で実をつけています◎

かわいい若木もあります☆

赤ちゃん桃の木ですね♪

玉井さんがおっしゃっていたことで、おもしろいなぁと思ったのは「木の形状が農家の歴史」というお話!(^^)!

桃の栽培を始めたころは、玉井さん自身、まだ木の作り方が上手ではなかったんだとか(;´∀`)背の高い木になると、収穫も消毒も大変になってしまう…!!試行錯誤しながら、年々木の育て方も上手になり、横に広がる低めの木を育てられるようになったそうです(^^♪


確かに低い木になっています☆

ディレクターも香りを確認できる高さに♪

これから桃をいただくときは、それぞれ農家さんが試行錯誤されたストーリーを想像しながらいただくことになりそうです(笑)♪
そして「桃栗三年柿八年」!安定して収穫できるようになるまでの期間は、木の様子を見ながら実をつけていくことが大事なんだそう☆あまり最初に付けすぎてはいけないみたいです。

大事に扱ってくださいね☆

桃は足が早い上にデリケートな果物…。少し力を入れると傷がついてしまいます(>_<)そのため、収穫にも時間がかかります。
大事に収穫された桃、私たちも大事に選んで大事にいただきたいですね(^^♪

桃食べたくなってきましたよね♪

さて、玉井さんにおいしい桃の選び方をお尋ねしたところ、「食べてみないとわからない」「見栄えではわからない」「生産者の名前で選ぶ」という返答!
産直市に出荷している、玉井さんならではのアドバイスですよね☆「生産者の名前で選ぶ」というのは、桃に限らず、農作物を丁寧に作っている生産者は、どんなものも丁寧に作っているということなんだそう☆
その人のファンになることから、その人が出荷しているスーパーのファンへ…そんな流れができていくのかもしれませんね♪
自分の口に入れて食べるものだからこそ、私たちもこだわりを持って選んでいきたいものです(^^)

今年の桃は、少し玉太りが心配されましたが、味は満足してもらえるだろうと玉井さん(*^^*)
愛情込めて作られたおいしい桃、旬も短いので、見つけたらみなさんぜひ手に取って召し上がってみてくださいね♪

※オマケ① 雨の収録でも楽しかったです♪

※オマケ② 梅ちゃんと玉井さん♪仲良し♪


2018年7月3日火曜日

放送時間お引っ越し&これからが旬の桃♪

旬感!えひめチュレ 7/3(火)放送

みなさん、こんにちは♪ますはらあきこです☆
「旬感!えひめチュレ」は、7月から毎週火曜日11:40~にお引っ越ししました♪引き続き、旬のおいしい食材の話題をお届けしていきますので、お楽しみに!(^^)!

さて、お引っ越し後最初の取材は!!果物の圃場に伺う取材は久しぶりなので、出発前からわくわく♪あいにくの雨模様だったのですが、なんとかギリギリ!ザーザー降りにはならず、お天気も持ってくれました(*^^*)

ついに、果樹園とも何かの契約(笑)!?

お話を伺ったのは、砥部町外山地区で桃を生産している玉井俊之さん♪ほがらかに迎えてくださいました☆

玉井さんは現在、白鳳(はくほう)という品種と、あかつきという品種を作っています◎取材に伺ったときは、白鳳の収穫までもう一歩というタイミングでした(*^^*)

キレイな桃や~!

玉井さんが育てている白鳳の旬は、6月25日頃からということで、今!まさに!出荷のタイミングを迎えています♪そのあと、3週遅れくらいであかつきの旬を迎えるそうです。品種の違う桃を育てることで、桃の旬が長くなるので、私たちも長く桃をいただけるようになるわけですね♪

お話を聞きながら木を見ると、インスタ映えする勢いで桃が鈴なりに!!!

取材日は、まだ少し小ぶりでした☆

玉井さんにお聞きすると、実は、少し実をならし過ぎているとのこと(>_<)大急ぎで摘果作業をしないといけないんですって!
野菜や果物には摘果はつきものですが、なんだかもったいない気もしますね…(笑)でも、おいしくて玉太りのよい桃を作るためにも大事な作業なんです♪花の段階で摘果したり、実の段階でも2回摘果するんだとか☆

摘果された桃たち◎





同じ時期に植えた桃の木でも、人と同じで、木のサイズにも個性が出ます。実をつけるのも、簡単ではないんだろうなぁ…としみじみ(^^♪

雨の日の取材は、長靴&カッパが必需品☆

ここで気づいたことがひとつ! 桃の木の周りや実に、ネットや袋がないこと!!

取材日のサイズ感はこのくらい♪

ネットや袋をかけるのは、害虫・害鳥・害獣・中岡から桃を守るため!…中岡(笑)!?

食べたらだめですよ!!!!

ただ、この外山地区という場所は、環境に恵まれていて、そういった被害が少ないので、玉井さんはこれまで対策をしなくても、おいしい桃を育ててくることができたんだとか☆それって、自然からの贈り物ですよねぇ!(^^)!

さて、来週も玉井さんに桃のお話、伺っていますよ☆
お楽しみに~!!