2017年10月20日金曜日

瀬戸内海響市場エフ・マルシェの、新鮮なお魚♪

旬感!えひめチュレ 10/20(金)放送

みなさん、こんばんは♪

雨の1週間ですね~!台風も近づいてきています。秋晴れが恋しい日々が続きます。。。
みなさん、体調を崩されませんようお気を付けくださいね(*_*)

さて、今週のエフ・マルシェ情報は、瀬戸内海響市場からお届けです(^^)
お話は、奥村さんに伺っていますよ☆

実は、梅ちゃんも見に来てくれていました☆

瀬戸内海響市場といえば、やっぱりお魚♪
取材日もたくさんの旬なお魚がずらららーーーー!!

ハマチ・アジ・タイ・サワラなどなど…

この時期に獲れる鯛は、モミジ鯛というそうです(^^♪秋だから、そう呼ぶんですって♪
春のイメージが強いサワラも、身がおいしいのは秋とのこと!この日も、とっても立派なものがありましたよ☆

その他にも、ハギや、アオリイカなども…

タモリ(モミダネ)と呼ばれる、珍しいお魚もいました(*^^*)
釣り好き中岡さんもスタジオで、自分ではなかなか釣ることのできない魚とここでは出会える!と言っていましたが、本当、その通りですね♪
ちなみに、タモリ(モミダネ)は煮魚に向いています☆アオリイカは、お刺身でぜひ♪

お刺身もずらーーーー!

お刺身と言えば、これらの新鮮なお魚を使ったお刺身コーナーも充実(^^♪

おいしそう…!!!

さらに、お寿司も新鮮なお魚を使っているのにとってもリーズナブル!ほぼ、ワンコインで満足ランチいただけちゃいます♪こちらも人気商品だそうですよ☆

あっという間に魚をさばく職人さん!!

この日のいけすには、カニや伊勢海老がいました♪特に週末は、たくさんのお魚を揃えていただけるそうなので、楽しみですね~!!

そして、こちらで魚を購入された方には、嬉しいサービス♪三枚おろしまでは、職人さんが無料でさばいてくれます(^^)/しかも、あっという間に!

さらに!毎週土曜日は、マグロのカマをかけてのジャンケン大会も開催!!!塩で味付け、炙るだけで、かなりのごちそうになります~~~!こちらも見逃せませんね(^^♪

おいしいお魚が食べたい!そんなときはぜひ、瀬戸内海響エフ・マルシェにお越しくださいね☆旬のお魚との出会いがありますよ~(*^^*)

2017年10月13日金曜日

食卓の主役にもなる!菌床しいたけ♪

旬感!えひめチュレ 10/13(金)

みなさん、こんばんは♪
今週も、先週に引き続き、菌床しいたけの話題です(^^♪

お部屋の中は、13℃~20℃くらいの快適な温度に保たれています。

先週のブログで、菌床しいたけの栽培には、刺激が大切…とお伝えしたのですが、まずはこの温度管理も大事なんです。温度を下げることも刺激になるそうですよ!

そして、もうひとつが…コチラ!

正さんお手製の道具♪

打撲刺激(!!)といって、こうしてブロックをペシペシと叩くことで、菌に刺激を与えても、しいたけが生えてくるとか!!ウソのようなホントの話(笑)!
美子さんいわく、このしいたけの機嫌をとって、なだめすかすのが上手なのは正さんなんだとか(*^^*)
しいたけって、なんだか、人間味のある食べ物なんだなぁと感じましたよ(^^♪

でも、今回その菌床しいたけのおいしい食べ方をたくさんご紹介してくれたのは、美子さん♪

見てください~!取材に合わせて、朝からご準備してくださったんですよ(^^)/

左:小田のひしお味噌 右:マヨネーズ

しいたけのピクルス

しいたけのニンニク醤油漬け

正さんにお話を伺ったところ、美子さんはお料理がお好きだそうで、さらにふるまい好きでもあるそう(*^^*)
私もいただいたのですが、本当にどれもとってもおいしくって!!
しいたけって、こんな食べ方もあるんだなぁと発見の連続でした♪

特に私のお気に入りは、小田のひしおをカサに詰めてオーブンで焼いたもの(*^^*)
味噌の味は濃いめなんですが、しいたけとの相性抜群で、さらにプリプリした食感がたまらないーーー!!もちろん、それ以外のお料理も、ご飯にもお酒にも合うお味でおいしかったです♪

あと、この菌床しいたけは、軸もほどよい歯ごたえでおいしくいただけるのも特徴!ぜひ捨てずに、刻んで使ってみてくださいね♪きんぴらなんかもいいそうです◎

これからの季節、お鍋や煮物はもちろんですが、色々な工夫で食卓の主役にもなる菌床しいたけ(*^^*)
ぜひ、色々な食べ方で召し上がってみてください♪

さて、私が前任の白形優子さんからのバトンを受け、この「旬感!えひめチュレ」を担当させていただくようになって、早1年です(*^^*)
これからも、中岡りょういちさんと一緒に、地元の食材を通して、旬をみなさんの食卓にお届けできるようがんばりますので、引き続きよろしくお願いいたします♪

2017年10月6日金曜日

ぷりっぷりの歯ごたえ、菌床しいたけ♪

旬感!えひめチュレ 10/6(金)放送

みなさん、こんばんは♪

えひめ国体開催中!ということで、連日、愛媛県選手団の活躍が観られて、ワクワクしますよね(^^)今週末はお天気もよいとのことですので、ぜひお近くの会場に応援に行って、愛媛県選手団のみなさんに声援を送ってくださいね~!

さて、すっかり長袖に衣替えをしたますはらですが、食材もどんどん秋真っ盛り
今日ご紹介するのは、お鍋や煮物に欠かせない内子町小田地区の菌床しいたけです(*^^*)

なかよしご夫婦(*^^*)

お話を伺ったのは、菌床しいたけ生産者の西岡正さん、美子さんご夫婦と、JAえひめ中央販売担当 水口禎之さんです(^^)/

かつてこの地域では、原木しいたけの生産が主流だったそうですが、徳島から菌床しいたけのブロックを買ったことが、この地区で菌床しいたけを栽培するきっかけになったそう(*^^*)
それぞれ良さはありますが、菌床しいたけは生産のしやすさ、しいたけ独特のにおいがあまりないので小さなお子様でも食べやすい、歯ごたえがいいなどの特徴があります♪
小田地区で、愛媛県内の7割の生産量を誇っているそうですから、愛媛のしいたけ名産地ですよね☆

ずらーーーーーーーーーー!!

西岡さんご夫婦が菌床しいたけ栽培を始めたのは、2000年頃。
今は、5つの大きなお部屋でしいたけを栽培されているそうですが、このブロックが約7万3千!!
年間を通して出荷するしいたけの量は、一般的な大きさ(100g)で45万パック!!!!!
す、すごいです…!きっと、みなさんの食卓にも並んでいるんでしょうね~(^^♪

菌床しいたけは、年間を通して温度管理されたこのお部屋で栽培されるので、季節的な出荷のピークというという時期はないっちゃない、でも、逆を言えば1年中忙しい…!ということだそうです。

こ、これは!?

しいたけを栽培するにあたって大事なことは、このブロックに刺激を上手に与えること。
この刺激のお話や、おいしい食べ方は、次週お伝えしますね~!
お楽しみに♪